夜の防波堤の画像

アジングの道具で必要なものは何?使う仕掛けもあわせてチェック!

手軽にできることで人気のアジング。

初心者の方は、どのような道具が必要になるのかわからないと思います。

この記事ではアジング初心者向けに必要となる道具や使う仕掛けをご紹介します。

アイキャッチ画像出典:photoAC

darumabanner

アジングの道具で必要なものとは?

小さなワームやメタルジグなどでアジを狙う「アジング」。

以前は玄人向けの釣りでしたが、タックルの進化とともに初心者の方も行いやすくなっている人気のルアー釣りです。

今では多くの釣具メーカーがアジング用の道具を販売していますが、具体的にどのような道具を必要とするのかわかりにくいところも多いです。

この記事では釣り歴25年以上となる僕から、アジングで必要な道具と使う仕掛けをご紹介します。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチェック!

アジングで必要な道具

アジングで必要な道具は、ロッドやリールなどの釣り道具一式、そしてヘッドライトやクーラーボックスなどの装備です。

下記にそれぞれアジングで必要となる道具の選び方のポイントと、おすすめ品をあわせてご紹介していきます。

アジングロッド

アジはルアーに喰いついても一瞬で離してしまうことが多いので、繊細なティップを持ったアジングロッドが使われます。

アジングロッドは高感度で繊細に作られていて、ほかのルアーロッドでは代用が利きにくいです。

アジングロッドを選ぶときには、長さ7.6フィート前後(約2.3メートル)、硬さがライトアクションで、投げられるルアーウエイトが最大10グラム程度のものからスタートするのがおすすめです。

アジングロッドには5フィート以下のものから、9フィートクラスのもの、さらにウルトラライトやミディアムといった硬さのものまでさまざまですが、まずは汎用性の高い7.6フィート前後のライトアクション程度のロッドから始めてみてください。

アジングリール

アジングで使われるリールは、小型のスピニングリールが主となります。

アジングリールを選ぶときには、「1000」から「2000」と表示されている大きさのスピニングリールを選びましょう。

またアジングリールを選ぶときには、使用するラインがとても細いので、スプールの溝が浅い「シャロースプール」のモデルを選ぶのがおすすめです。

アジングライン

アジングで使用されるラインは、全部で4種類あります。

その4種類とは「ナイロンライン」「フロロカーボンライン」「エステルライン」「PEライン」となっていて、それぞれ特徴が違います。

この中からアジング初心者の方は、「ナイロンライン」もしくは「フロロカーボンライン」で、太さが3ポンドのものを使ってみてください。

3ポンドは非常に細く感じられますが、引っ張り強度が約1.5キロあり、軽いルアーを使うアジングでのトラブルが軽減されるのでおすすめです。

アジングルアー

アジングでは小型のワームやメタルジグを使ってアジを狙います。

アジングをしたことがない方は、まずワームからスタートしてみてください。

ワームでアジが釣れるようになったら、メタルジグやプラグにも挑戦してみると釣果を伸ばしていくことができます。

ライフジャケット

アジングだけでなく、釣りでは万が一の落水に備えて、ライフジャケットが必要です。

特にアジングでは夜釣りが基本となりますので、安全性を高めるために必須となります。

おすすめは膨張式のタイプで、船でも使える桜マーク付きのライフジャケットを一つ持っておくと便利です。

関連 シマノ・ダイワのライフジャケット【桜マーク・タイプA】選ぶときの注意点はコレ!

ヘッドライト

夜釣りがメインとなるアジングでは、ヘッドライトも必要な道具。

小型で安価なものがあるので、一つ持っておきましょう。

同時に予備の電池も持っておくようにしてください。

クーラーボックス

アジを持ち帰るときにはクーラーボックスが必要となります。

アジは最大でも30センチ程度なので、容量20リットル前後の小型クーラーボックスで十分です。

アジングではロッドホルダーやサイドポケットが付いた、ライトゲーム用クーラーボックスがあると便利です。

フィッシュグリップ

アジを釣るたびに掴んでいては、手に鱗やぬめりがついたり、鰭で怪我をしてしまったりすることがあります。

そんなときに便利な道具がフィッシュグリップで、アジを安全かつ確実に掴んでおくことができます。

フィッシュグリップはホルダーつきのものや、ストッパーがついているものがおすすめです。

アジングで使う仕掛けの種類

アジングではワームがメインで使われますが、その仕掛けは大きく分けて5種類あります。

それぞれの仕掛けで特徴と使いやすい場面が違ってきますので、下記にご紹介していきます。

ジグヘッドリグ

オモリとフックが一体となっているのがジグヘッドリグです。

ジグヘッドリグはアジングで基本となる仕掛けで、初心者の方はまずこれから始めてみることをおすすめします。

アジングでのジグヘッドリグは、0.3グラム程度から3グラムほどの重さまで使われますが、初心者の方においては1.5~3グラムほどの重さを使ってまずはアジングの感覚を掴んでいきましょう。

あまりにも軽いジグヘッドリグを使っていると、遠くまで投げられず、また重さが伝わってきにくいので何をやっているかがわかりにくくなってしまうので注意してください。

キャロライナリグ

キャロライナリグは、専用のウエイトを使って遠くまで仕掛けを投げられるリグ。

アジングでのキャロライナリグウエイトは細長い形状をしていることが多く、これによってより遠くまで投げられ、アクションさせても手前に寄ってきにくい特徴があります。

フックは、0.3~0.8グラム程度のジグヘッドリグをセットして使うのがおすすめです。

フロートリグ

浮力を持った飛ばしウキを使った仕掛けがフロートリグです。

フロートリグは水面近くにアジが居るときに使いやすい仕掛けで、キャロライナリグと同じように遠くまで投げることができます。

最大のメリットは、飛ばしウキを支点にしてゆっくりとワームを沈められることで、ときにこの使い方でないとアジが喰ってこないこともあります。

スプリットショットリグ

スプリットショットリグは、小さなオモリをラインに取りつけたアジングの仕掛けです。

アジング用スプリットショットは、ラインにストッパーを通して、そこにオモリをセットするようになっています。

ラインを挟み込むガン玉タイプのスプリットショットは、ラインを傷つける恐れがあるので、細いラインを使ったアジングではあまりおすすめできません。

Fシステム

ジグヘッドリグの操作性を保ちつつ、遠投できる仕掛けがFシステムリグ。

ラインにウエイトを取りつけますが、取り付け位置が端糸だったり、スイベルだったりすることがほかの仕掛けとの違いです。

使ってみると操作性がよく、手元に伝わってくるアタリの分かりやすさが魅力の仕掛けとなっています。

必要な道具を揃えてアジングにチャレンジ!

アジングは必要となる道具を揃えてしまえば、仕事帰りのちょっとした時間でも釣りに行けます。

釣れるタイミングになると連続ヒットすることも多いアジングは、ルアーで魚を釣ったことがない初心者の方におすすめです。

今回ご紹介したアジングで必要となる道具を揃えて、ぜひアジングにチャレンジしてみてください。

関連 シマノ・ダイワ【2019年新製品リール】モデルチェンジなどの最新情報はここからチェック!

関連 シーバスルアーおすすめ19選|数百万円釣りに使った釣り歴26年目の僕が釣れる一軍シーバスルアーをご紹介!

関連 海の魚がよく釣れるルアーおすすめ5選|コレを持っておけば間違いなし!

公開日:2018年2月3日
更新日:2018年9月22日

関連記事一覧